メモ帳紹介・記入例

今年のメモ帳はコレ!NOLTY(ノルティ)ポケットカジュアルと一緒に使いたいのは?

ノルティとメモ帳

私は手帳と一緒にメモ帳を持ち歩きします。授業参観の懇談会の様子から、ブログのネタ帳、テレビで紹介された料理レシピなど、なんでもありのメモ帳です。

いままでの持ち歩き用の手帳は文庫本サイズ(A6)だったので、メモ帳も同じサイズにしていました。手帳とメモ帳が同じ大きさにしていたのは、重ねてバッグに入れやすいから。

2022年のNOLTYポケットカジュアルシリーズは文庫本より横幅がスリムなコンパクトサイズです。手帳と同じような大きさの手帳はあるかな?といろいろ探してみました。


スポンサーリンク





NOLTY専用メモ帳

本命はこれでした。ジブン手帳のLIFEのように手帳本体に挟み込めるイメージです。

能率手帳には挟み込み専用のメモ帳が何種類か用意されています。私が買ったポケットカジュアルシリーズには専用がなかったので、小さめサイズを選んでみました。

ものすごく薄いメモ帳が5冊セットになっています。

切り取り線が入っていたり、罫線がよく見ると3分割されていたりと、細かいところまでこだわったメモ帳でした。

挟み込める点は良かったのですが、サイズも小さいし、なんでも殴り書きができるという感じにはなりませんでした。

表紙も薄く、枚数も少ないので、単独で使うとフニャフニャしてしまってメモはしにくいです。

予備用に1冊、手帳に挟み込んでいますが、存在を忘れるぐらい邪魔になりません(あるのを忘れて使いそびれてしまったことあり・笑)

無印良品のスリムノートとパスポートメモ

無印メモ帳

無印良品で見つけたメモ帳2冊です。無印良品の文具はお手頃価格なのと、同じものが手軽に手に入る点がいいですよね。

ノルティと無印メモ

スリムノート無地はA6スリムサイズ(150円)。NOLTYポケットカジュアルとほぼ同じサイズです。

中に挟み込むことはできませんが、重ねてバッグに入れておくとピッタリでテンション上がります(笑)。

スリムノートはパタンと開くところも気に入りました。

こっちなら挟み込めるかもと買ってみたのがパスポートメモ(120円)。

写真だと黒く見えますが、表紙の色はネイビーです。他に赤とグリーンもあり。

この後に紹介するセブンで買ったメモ帳と重ねておいてみました。

縦は余裕があったものの、横幅がだめで挟み込めませんでした。手に持った感じは書き込みしやすい大きさですが、ノートの開き具合は固い感じです。

スリムノートのほうは無地を、パスポートメモのほうはドット方眼を選びました。

無印メモの中身

無地のノート、意外と好きなのです。メモ帳なら文字が斜めになっても気にならないし。ドット方眼も無地に近い感じが好きです。


スポンサーリンク





7PREMIUM NOTE PAD S

セブンイレブンでシンプルなメモ帳をみつけました。表紙は黒でかっこいい感じです。サイズは無印良品の中間サイズ。値段は180円ぐらいだったかな。

中身は方眼ノートです。

セブン&アイホールディングスのプライベートブランドのメモ帳ですが、製造元は老舗のコクヨでした。

コクヨの方眼は、シャープペンで書く時には、ちょっと濃いめだなと感じます。

ノートの開き具合も硬めで、こちらもNOLTYポケットカジュアルには挟み込めませんでした。

どのメモ帳にする?

結局、手帳にメモ帳を挟み込むのはあきらめて、サイズがピッタリなスリム手帳を使うことに決定!

いつも持ち歩きしていたのですが、1か月たっても2か月たっても、中身は白いままなのです(笑)。

仕事の時にはいつも制服のポケットにA7サイズのメモ帳が入っています。100均で買ったものですが、リングタイプで手のひらにしっくりきてなんでも気軽に書けます。

毎日のTODO管理に!ポケットサイズの100均メモ帳を活用しています お仕事で小さなメモ帳を使っています。机上で使うだけでなく、立ちながらササっとメモすることも多いので、手のひらサイズでくるっとめく...

通勤の時も制服なので(田舎では更衣室で着替えたりはしません・笑)、家に帰ってくるまでこのメモ帳がそばにあることに。

わざわざプライベート用のメモ帳をバッグから出してくるということが、面倒になってしまったというわけです。

さらに今年使っているNOLTYは週間ページがほぼメモ帳のメモしやすいタイプ。なんだか、プライベート用のメモ帳の必要性が微妙になってきています。

サイズにこだわっていろいろ探した割には、活躍の場がなくなってしまった、メモ帳たちの紹介でした。


スポンサーリンク