在宅ワーク子育て主婦の時間割は?ジブン手帳WEEKLY PLAN(週間予定)の記入例を紹介

ジブン手帳週間予定記入例

子育て主婦の emiko です。在宅で仕事をしているので通勤時間もかかりませんし、時間の使い方もかなり自由になります。

子育てや家事と両立しやすい働き方だと気に入っていますが、上手に時間を使わないと家族に振り回されて仕事の時間を確保できなくなるという難点もあります。

さらに、スキマ時間についつい仕事をしてしまって、夜も土日ものんびりする時間が取れないことも気になっていました。

そこで以前から気になっていたジブン手帳の週間予定のページに時間割を書いて、時間の使い方を見える化&整理してみることに。

スポンサーリンク

子供の予定に合わせた時間割

主婦の時間割

学校の時間割は曜日ごとに決められていますが、私の時間割は子供の予定ごとに決めることにしました。

何も予定がない日を月曜日に書いて「基本」にしています。

火曜日の予定は月2回ほど子供の通院日の日を想定しています。午前中に病院に行っても午後にはしっかりと3時間ほど仕事ができることに。

水曜日は17時半から習い事がある日です。仕事の時間には重なってきませんが、夕食の準備を前倒してやっておかなければなりません。

主婦の時間割の記入例

木曜日は子供の習い事が15時半から16時半まで。この日は午後の仕事を早めに切り上げる必要があります。

金曜日の欄に書いたのは趣味を楽しむ日。自宅で仕事をしていると土日も空き時間があるとつい何かしら仕事に結びつけてしまうので、あえて趣味を楽しむ日を設定してみました。

毎週は難しいのですが、月1回は意識してハンドメイドやミシンなど手を動かすことを続けられるといいなと思っています。

朝と夜の過ごし方はルーティン

子供たちに合わせると起床や就寝の時間は規則正しくなります。

子供を寝かしつけながら寝てしまうことが多いので朝活を取り入れました。5時から1時間半ほど仕事をしたり本を読んだりしています。

夕食は19時前後に食べていて、18時から準備を始めて20時には片付けまで終了するのが目標です。

21時には子供と一緒に寝室に行きますが、1時間ほどタブレットで読書をしていることも。眠りの質が落ちているのを感じるので、寝る前のスマホやタブレットは止めたほうがいいのかなと思うのですが、なかなか止められません(苦笑)。

スポンサーリンク

主婦の時間割の参考になる本

暮らし上手の時間割ムック本

キンドルアンリミテッド(Kindle unlimited)の対象になっていた『暮らし上手の時間割 (エイムック 3704)』ので読んでみました。

フリーランスで活躍している料理研究家のかたの時間割などが紹介されていています。

小さな子供がいたり、フルタイムで会社員として働いている方には真似できないことも多いのですが、まさに暮らしを楽しんでいる方の時間割なのであこがれの対象です。

すき間時間の使い方や、先取りの家事など、エッセンスは参考になりました。

ジブン手帳の週間予定を活用

ジブン手帳週間予定

私が時間割を記入したのはジブン手帳の週間予定(WEEKLY PLAN)です。0時から24時まで等間隔の目盛りがあるので時間割は24時間対応。

メモリは30分ごとで、高さは3mm強です。文字を小さく書かなけらばなりませんが、細かくスケジュールを立てることもできます。

ちなみにジブン手帳のウィークリーは0時から7時までは狭くなっています。

朝活をする方は注意が必要です。私はメモリの数字を無視して、昼間と同じ幅で記入しています。睡眠時間には何も記入しないので問題なしです。

まとめ

在宅ワーク主婦の時間割

実はジブン手帳に時間割を記入したのは使い始めて半年以上たってからになります。。子供の用事があると在宅でやっている仕事の時間がうまく取れていないことに悩んだからです。

子供の用事が入っているのは2~3時間なのに、一日中忙しいような感覚があって、在宅で仕事をしていても空回りしてしまっていました。

時間割を書いたことで自分の中ですっきりと整理整頓できた感じがします。ジブン手帳のウィークリーでライフログをつけていると日々気づくことがあるので、主婦の時間割もバージョンアップしていきそうです。

スポンサーリンク