2017/04/10

あな吉さんの手帳術の準備【購入品】~バインダー・レフィル・穴開けパンチ~

b120426-1

「あな吉さんの主婦のための幸せを呼ぶ!手帳術 」を読んで、あな吉さんの手帳術を実践してみることにしました。

あな吉さんの手帳術を実践するためには準備が必要です。その準備も楽しみの一つです。

その中で購入したものもありますが、100均アイテムや手持ちのもので手作りしたものも。

今回は購入したアイテムを紹介させてください。

スポンサーサイト

A5サイズ6穴バイダーを買いました

あな吉さんの手帳術の本には丁寧に必要な物が紹介されています。ベースとなるのはA5サイズの6穴バインダーです。私は最初はお金をかけずに、プラ製のバインダー(約500円)でスタートしました。

手帳を使ってみてから、持ち歩く際の厚みが気になるようになったので、厚みの薄いバインダーに買替しました。

b121228-3

楽天で送料を入れて2000円ほどで購入しました。

↓ これと同じ物です。

バインダーの厚みはリングの径で決まります。最初の物はリング径が2.5cm、買い足した方はリング系が1.5cmの物です。

b121228-2

私の場合は持ち歩くときに厚みが気になるというより、書くときにリングが気になるようです。そういえば学生の頃はルーズリーフは必ずバインダーから外して記入していました。

バインダーは革製の物だと高額になります。使い終わったレフィルを保管する「保存用」のバインダーなら比較的安く手に入るとおもいます。私の買ったバインダーは両方とも保存用のものです。

A5サイズ6穴バイダー用のレフィルを買いました

中身のレフィルは2種類用意しました。どちらも500~600円くらいでした。

月間スケジュール(マンスリー)に使えるように31行ある罫線タイプと表や図を書きやすいグリットタイプです。

無地も買うつもりでしたが、パンチで穴を開ければコピー用紙で十分だと気づいて取りやめました(笑)。

ウィークリーのレフィルはは100均セリアで買ったA5サイズの手帳を分解して穴を開けました(笑)。ウィークリーのレフィルは日付入りを買うと1500~2000円します。年の途中だったのでもったいなから節約しました。

↓ セリア手帳を分解した週間ダイアリー(ウィークリー)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2014年に奮発して市販のウィークリーを買ってみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2000円ほどします。

レフト式なのにバーチカルタイプと同じようにつかえる珍しい物です。

参考 あな吉手帳用(A5・6穴)のウィークリー(週間)レフィルを購入!バーチカルなのにレフト式

携帯用の6穴パンチを買いました!

携帯用の6穴パンチも購入。1300円くらいだったかな。手帳にセット出来るものですが、私の使い方だと持ち歩く必要はないので、自宅用に大きなタイプを買えばよかったかもと思います。携帯用は穴開けはしづらいです。1枚ずつ確実に指で押さえて開けていくのがポイントです。

↓ 自宅用にこちらがよかったかも。

プラ製のバインダーとレフィル2種、6穴パンチを購入したのは、ジョイフル本田という大型ホームセンターです。文具や画材をたくさん取り扱っています。それでも、A5の6穴タイプの取り扱いは少なく感じました。

楽天やアマゾンでも手に入りますが、送料を考えると少しお高めに感じます。私は100円ショップのものをアレンジして使うなどして費用を抑えました。

最初に買ったのはこの4点。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

約3000円くらい。これに100均や手作り品をプラスしてなんとか始められると思います。

この本の値段を含めると、最初の準備にかかった金額は4000円ほどでした。

その後、バインダーを買い直したので合計6000円。2014年に買ったレフィルも入れると8000円にもなりますが(苦笑)。

手作りしたモノもあるので別の記事で紹介しています。

参考 あな吉さんの手帳術の準備【手作り】~インデックスシート・やることシート・ペンホルダー~

スポンサーサイト