2017/09/29

しまむらのマルチカバーが安くて使える!自宅で洗えるホットカーペットカバーに活用

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子供が小さいとホットカーペットカバーはすぐに汚れてしまいます。自宅の洗濯機で洗えると便利ですよね。

わが家は長女(年中)と次女(2歳)が汚す天才です(笑)。飲み物をこぼしたり、お菓子のカスやチョコレートをベタッとされるのもいつものこと。

小さな家なので食事もくつろぐのもこのホットカーペットカバーの上になります。おかげで週1回ペースで洗うことに。

こんなわが家では座り心地やインテリア性よりも、気軽に洗えてお手頃価格なものが一番です。

スポンサーリンク

しまむらのマルチカバーをホットカーペットカバーにしています!

しまむらではインテリア用品もお手頃価格で手に入ります。私がホットカーペットカバーにしているのはしまむらのマルチカバーです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2015年10月の広告の品で900円。

↓ 猫や馬、鳥の柄がちょっぴり北欧風。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いつもはインテリア用品は茶系の物を選ぶのですが、ブルー系に挑戦してみました。落ち着いたブルーグレーなのでリビングに馴染んでくれました。

先日見つけたのはもっとシンプルな柄(2015年11月購入)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

明るいベージュに白の水玉模様です。すぐに汚れそうな色ですが洗濯機で洗えますし、床の色と似ているので部屋が広く見える効果を期待して買いました。

↓ こちらも広告の品で900円でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私が買ったのは広告の品ですが、定番品でもしまむらなら2000円以内で買うことができます。

スポンサーリンク

しまむらのマルチカバーのメリット・デメリット

メリットはもちろん洗濯機で洗えること。

ウォッシャブルのホットカーペットカバーを使ったことがありますが、2畳サイズでも嵩張るのでコインランドリーに行かないと洗えませんでした。クリーニングに出すほど高級品ではないので、1シーズンで処分しました。

価格も安いので洗い替えも用意できます。子供は天気のいい日に汚してくれるとは限らないので、洗い替えは必須です。

デメリットもあります。とにかく薄いのでクッション性が足りません。

わが家のホットカーペットは4000円くらいで買ったお手頃価格の物なので、ホットカーペット自体が薄くて熱線が浮き出て見えます。そこに薄いマルチカバーなので「ふかふかで気持ちいい」とはいきません(苦笑)。

ホットカーペットは5年使っていて2畳タイプでは小さいと感じているところです。今度買うときは予算をとってクッション性のあるホットカーペットにすれば、カバーが薄くても快適になりそう。

3畳タイプにするとカバー類がお値段お高めになってくるので、子育て主婦としては悩ましいところですね。しまむらでも2畳サイズよりも3畳サイズの方が取り扱いが少なく感じます。

それから薄いので掃除機をかけるときにズレやすいです。毎日のことなのでイラッとすることもあります。

薄いというデメリットにプラスして、何しろ安いマルチカバーなので裏側は不織布なんです。何度も洗っていると毛玉ができて、裂けそうな感じになってしまいます。

↓ 昨年もしまむらのマルチカバーを使っていました。

141022-7

↓ 昨年は980円でした。

141022-8

この茶系の色は汚れが目立ちにくくてよかったのですが、ちょっとダサイと思いながら使っていました(苦笑)。

スタイリッシュに見せるなら無地がいいのですが、汚れの目立ち具合と兼ね合いが難しいです。ベージュはチョコレート汚れが目立ち、ブラウンはお菓子のカスが目立って苦労しました。柄が入っていた方が汚れが目立ちませんね(苦笑)。

このマルチカバーは今年も使っていたのですが、長男が表地にも裂け目を見つけて指を突っ込んで遊んでいるの!

もうすぐ夫の仕事用に格下げになりそうです。商品をトラックで運ぶときに下に敷いたりカバーしたりと、この手のカバーや毛布は重宝みたいですよ。

45Lのゴミ袋に入る大きさなので処分も簡単。粗大ゴミになってしまうと面倒ですからね。わが家の地域だと月2回の収集で100円シールが必要です。

子供が小さいうちはスタイリッシュな暮らしは無理なので、自宅で洗えて清潔に使えることをポイントにホットカーペットカバーを選びたいと思います。

追記:クッション性をアップさせるために、ホットカーペットの下に低反発ラグを買い足しました。

参考 しまむらのラグを保温シート代わりに!ホットカーペット下に敷いたらクッション性&保温性UP

スポンサーリンク