手帳の色分けペンをZEBRAサラサセレクトにチェンジ!濡れてもにじみにくい

手帳用ペンSARASA

手帳の記入は色ペン(緑、水色、ピンクの3色)とシャープペンを利用しています。

今まで使っていたのはパイロットのハイテックCコレトです。発色の良さとするすると軽くかける書き心地が気に入っていましたが、にじみ易いのがデメリット。

耐水性に注目して、新しい手帳用ペンを探すことにしました。

スポンサーリンク

耐水性のあるペンを探して

パイロットのコレト

今まで使っていたのはパイロットのハイテックCコレトです。5本セットできるペン軸に緑、水色、ピンク、黒、シャープペン)の5本をセット。

軽い書き心地と発色の良さが気に入っています。

レフィルを何度も交換しながら3年程使いましたが、にじみ易いのが難点でした。

キッチンで開いておいたり、職場でお昼休みにお弁当を食べながら手帳をチェックしていると、水滴が飛んでしまうことが多発。書いてあった文字が読めなくなってしまうぐらいにじんでしまうのです。

ハイテックCコレトについてはこちらの記事で紹介しています。

 自分で選べる多色ペンを手帳用に!パイロットのコレトCOLETOで色分け記入

そこで耐水性の高いペンを探すことに。手帳用のペンは1本にまとめたいため自分で芯を選んでセットできる多機能ペンであることも必須です。

「耐水性 色ペン」で検索しつづけた結果、ゼブラのSARASA(さらさ)にたどり着きました。

SARASAはお手紙・一筆箋用に黒を常備して使っています。使い心地には人気のある定番のペンです。

公式サイトでも耐水性の優れた水性顔料とありました。

ゼブラ公式サイト

水性だとにじんで、油性なら大丈夫だと思い込んでいたのですが、水性でも耐水性の高いものはあるんですね。

SARASAグリップですと1色1本ですが、SARASA同じインクを使っているSARASAセレクトなら一本ずつ、自分の好きな芯をセットできます。

私の希望にぴったりなものが見つかりました。

ゼブラSARASAセレクト

SARASAセレクト

こんな感じで選んできました。

サラサセレクト ソフトグリップ5色 264円
レフィル 0.3 ピンク 80円
レフィル 0.4 ライトブルー 80円
レフィル 0.4 ライトグリーン 80円
レフィル 0.4 黒 80円
レフィル シャープ 0.3 161円

合計 745円(税込)

ジョイフル本田(ホームセンター)の文具売り場では今まで使っていたハイテックCコレトと並んでいたので、色味を比べながら選んできました。

ピンクだけ0.3で他は0.4なのはただのミスです(笑)。

試し書きをしました。

SARASA試し書き

ハイテックCコレトと同じ0.4を選んだのに、SARASAの方が細く感じます。さらに薄い。書き心地も固いです。

にじみがない分、線が細く感じるのかなぁといった感想。色が薄いのはレフィルの色種類がたくさんあるので選択を変えれば何とかなるかな。

スポンサーリンク

SARASAをバージョンアップ

1カ月ほどSARASAを使ってみて、気になる点が出てきてしまったので、バージョンアップして買いなおしました(苦笑)

本体はグリップなしにしました。手で握る部分が透明になっていて、この部分で色を判断するので、滑り止めグリップがついているとインク色が分かりにくいからです。スヌーピー柄も気に入っています(限定アイテムかも)。

ハイテックCコレトはヘット部分で色が分かるので便利でした。

使ってみたらハイテックCコレトのほうが断然使いやすいです。今はだいぶ慣れたので(体が覚えたので・笑)SARASAでもスムーズに色を選べるようになりました。

選べるペンで人気の高い三菱鉛筆のスタイルフィットも私が今回買ったSARASAもグリップ部分が透明になっているタイプです。

レフィルの太さと色も変更しました。選んだのはこの4色。

サラサセレクトレフィル

線が細いのが気になっていたので0.4から0.5へ。

ライトグリーンは色そのまま。

ブルーはライトブルーからペールブルーに変更。青み加減が気に入ったのですが、書き心地がイマイチでよくかすれます。

ピンクは同じ色を選んだつもりが別色でした。パッケージが違うので昔のものなのかも。裏面を見たら「適合商品 プレフィール」とありました。SARASAセレクトは昔はプレフィールという名前だったのかな。

新しく買ったのはライトピンク0.5で、最初に買ったのはピンク0.3でした。ライトピンクよりもピンクのほうが優しい色合いで気に入っています。次回からはピンクをリピします。

黒の代わりに買ったのがブルーブラック。やりたいことリストの記入用に買ってみました。

黒よりもシャープなのに優しい感じがして気に入っています。

耐水性・にじみにくさを検証

ジブン手帳試し書く

ジブン手帳公式ガイドブックの付録だったお試し版にで検証します。

ダイソーの水性ペン、パイロットのハイテックCコレト、ゼブラのサラサセレクトの順に書いています。

シュッと霧吹きしてみました。

手帳ペンの耐水性検証

ダイソーのペンは5本100円ながら検討していますね。

ハイテックCコレトは見事ににじんでいます。水に溶けだしている感じです。

あれあれ、サラサもにじんでいるかも。コレトほどではないけど、全くの無傷ではなさそうです。

真ん中に書いたコレトに水が多めにかかっているのも気になったので、再度、文字を書いて検証していました。

文字のにじみ具合

サラサは色によってにじみ易さが違うようです。水を付けて手でこすったりしてみましたが、ライトグリーンはほぼ無傷でした。

ピンクはまあまあ、ブルーはちょっとにじみ易いという結果に。

コレトのように水に流れてしまって文字も読めなくなるということにはなりませんが、油性ペンほどの耐水性はないようです。

私が気になっていたちょっとした水分ぐらいなら大丈夫かなぁということで、手帳用のペンはサラサセレクトに決定です。

さいごに

手帳の色分け記入

2021年の手帳はジブン手帳LITE mini です。右から2番目のサラサセレクトで記入しています。

イロイロなペンで書いてみましたが、あまり印象は変わらないですね(苦笑)。

色ペンは時間軸に線を書いたり囲んだりするのに使っていて、文字はシャープペン0.3です。

紙も波打ってしまいますし、なるべく水分には気を付けて手帳を活用したいと思います。

スポンサーリンク