2017/04/26

新しい自分が見つかる手帳&ノート術(日経ウーマン別冊)を読んだ感想

150915-1

日経WOMAN別冊「新しい自分が見つかる手帳&ノート術」を買いました(2015年5月購入)。2014年4月に発売された本です。

日経WOMANは結婚前の会社員時代によく買っていました。現在でも手帳術の特集のときは購入するようにしています。

この本は2011年7月号、12年5月号・11月号、13年5月号・6月号・11月号に掲載された特集記事を元に編集されています。

年に数回特集されるほど、手帳術やノート術は人気のあるテーマのようです。

スポンサーサイト

「働き女子のリアル 手帳&ノート大公開!」実例が多くて参考になります

150915-2

この本のいいところはとにかく実例が多いところ。使っている手帳が写真でそのまま公開されています。

職業もさまざま、手帳の種類もレフト式やバーチカルなどさまざま。

どんな手帳を買えばいいか分からないという初心者の方から、さらに手帳を使いこなしたいという中級者まで、満足できる内容です。

まず目に入るのがキャッチコピー。

毎日が充実する!
夢をかなえる!
結果を出す!
新しい自分が見つかる
「手帳&ノート術」

手帳術というとスケジュール管理がメインのイメージですが、「夢をかなえる」という側面も注目されています。

私は手帳の記述内容が充実しているときは、実生活も充実していると実感しています。手帳術というのは単なるスケジュール管理の枠を超えた物なんでしょうね。

この本で紹介されている女性と手帳はどれも素敵で充実していますから、読み進めるとパワーがもらえました。


スポンサーサイト


気になる見出しをピックアップ!

150915-3

輝いている女性の手帳&ノート術

使い方の工夫で、仕事もプライベートもうまくいく 毎日がもっと充実する!手帳術

仕事で差がつく!自分が変わる!結果を出す人がやっているノート習慣

仕事がはかどる!気分が上がる ときめき文具★大集合

見出しを読んだだけで、なんだか夢が叶いそうな気がしてしまいます(笑)。

とにかくどのページも実例と解説がぎっしりなんです。この人と同じ方法を試そうでもいいし、この方法とこの方法を取り入れてみようという合わせ技もOK。

「この手帳術が正解!」と一つの方法を紹介する本ではなく、「あれもこれもありますよ。」と紹介してくれる本です。私のように手帳術の本を読むのが大好きな方も読み物として楽しめると思います。

私、手帳術の本は大好き。いろいろ試した経験あり。それでも、うまく使いこなせません。だから手帳術にあこがれてしまうのかも。

↓ 楽天市場では楽天ブックスは売り切れ。ローソンで取り扱いあり。

↓ アマゾンでは電子書籍(Kindle版)と中古本も取り扱いあり。

スポンサーサイト