2017/08/18

おさがりの子供服にはもらってうれしい服と困る服が!洋服が教えてくれる裏事情

150521-4

↑ 女の子の好きなピンク色のワンピばかり。長女は大喜び!

かわいい女の子服のおさがりをいただきました。どれも新品同様の上、私が好きなナチュラル系のデザインばかり。そしてHUSHUSHや3can4on、GLOBAL WORKなど素敵な子供服ブランドのものです。

1人目と同じ年の女の子がいるママからいただきました。いつもありがとうございます!

このママ友からいただく洋服はいつも状態がいいものばかり。これはママ友の心遣いの表れだと思っています。おさがり(お古)をいただくと、その人に「私(わが家)がどう思われているか」なんとなく感じてしまうことありませんか?

スポンサーサイト

おしゃれなママの選ぶ子供服はやっぱり素敵!

150521-5

↑ 私の好きなネイビーやボーダー服も。好みが合うなぁ。

私はナチュラル系のデザインが好きですが、わが家のパパさんはアメカジ風が好き。私が買うときはできるだけパパにも「いいね!」と言ってもらえるようなデザインを選んでしまいます。

ナチュラル系が好きなのに自分ではなかなか買えないんですよね。ママ友から私の大好きなナチュラル系の女の子服をいただけるととてもうれしいのです。

自分では買わないけど、おさがりをもらったので着せてみたら、とても似合ってかわいかった!なんて発見もあるのも楽しみのひとつ。

2人目(長女・年中)は洋服が大好きなので、おさがりをいただくと、親子で着たり脱いだりファッションショーを楽しんでしまいます(笑)。

ママ友は自分自身もとてもおしゃれなの。一人っ子ということもありますが、子供服を買うのが好きなんでしょうね。いただいたワンピースは120サイズだけでも何枚もありました。親がおしゃれだと子供もおしゃれですよね。

わが家なら2人目・3人目と2倍に活用できるので、ありがたくいただきま~す。


スポンサーサイト


おさがりをもらうと裏事情が見えてきます

150521-6

↑ これもかわいい!キュロットスカートは着まわしが効きそう。

1人目(長男・小2)の同級生ママからおさがりをいただくことが多いわが家。複数の方にいただいた経験がありますが、おさがり服の管理には苦労した経験があります。

収納場所に困るほど大量にいただいてしまったり、中にはシミや汚れがあって「ちょっとこれは (>_<)」という状態の子供服もあったり。

おさがりをいただくと、「その方が私(わが家)のことをどう思っているか」が分かるような気がします。それから、その方の性格や考え方も伝わってきます。

乾燥機で縮んだだ子供服と名前が大きく書かれた子供服

あるお宅のおさがりは、タグ表示のサイズに比べて、洋服が小さめなの。それに生地がゴワっとしています。毎日、洗濯物は乾燥機をつかっているそうです。働いていると忙しいですけど、毎日乾燥機ってそれにはびっくり。

フリルやレースもクチャっとなっていて、洗濯は苦手分野なのかな?って思っていたら、洗濯担当はご主人だそうです。そんな、家族の裏事情も分かってしまうのが、おさがりの面白いところです。

また別のお宅のおさがりには、大きな字で名前が記入されています。私はタグに小さく書くタイプですが、その方は首回りの内側に、大きく記入するのが好きみたい。生地に直接書くので、表側までマジックシミが出ている物も多数。

確かに保育園の先生は大きく書いてもらえた方が助かるでしょうが、それにしても、名前の書き方が大胆すぎだと感じていました。

ママ友同士でケンカがありまして、私は当事者ではありませんでしたが、巻き込まれてしまう経験をしました。その方の家に相談したいと呼び出されて、愚痴を聞くことに。

「私は悪くない!相手に謝らせたい」の一点張り。外野の私からするとどっちもどっちの内容だったに。お下がりにもらった服の名前の書き方とその方の気の強さがリンクしてしまいました。名前の書き方にも性格があらわれるものですね。

ママ友付き合いの距離感には気をつけようと思う経験でした。

仕分けせずに大量にくださる方には要注意!

お二人ともに、状態の悪いものも取り混ぜて、大きな袋に大量にくださるので、まず仕分けから大変です。量も多くて保管も大変なのと、おさがりの洋服が裏事情も教えてくれるので、もらい方に気をつけようと思うようになりました(苦笑)。

私は捨てるのが苦手です。捨てるときにものすごく考えてしまうタイプなので、おさがりの服を着られるモノと着られないモノに仕分けするだけでも、精神的につかれてしまうことも。

大量のおさがり服をくださる方は、私のように捨てるのが苦手なタイプなのだと思います。捨てるのは抵抗があるけど、あげて活用してもらえるならば思い切って手放せるタイプなのかもしれません。

その方の捨てられないパワーがおさがり服にくっついてわが家にやってくるので、私は仕分けをするだけでぐったりしてしまうのかも。負のパワーまでではなくても、何らかのネガティブパワーがあるような気がします。

今回、写真で紹介した洋服をくださるママ友は、洋服は状態のいい物だけを選んでから準備してくれるようです。だから、ワンピースばかりなのかも。ワンピースってお出かけ時のイメージですものね。

わが家は収納場所が狭いので、あまりにも大量のおさがりをいただくと大変なことになってしまいます。子供服の管理を考えて、最近ではおさがりをもらいすぎないように気をつけています。

ママ友つきあいについても、やはり心遣いをしてくれる方のほうが、お互いに気持ちよくつきあえるものです。

スポンサーサイト