2017/10/11

バーチカル式手帳を買うなら100均セリアがおすすめ【2018年1月始まり】

バーチカル式手帳

秋になると文具店や書店にはたくさんの手帳が並べられた専用コーナーができます。

一番多い手帳のタイプはレフト式(左がウィークリーで右側がメモ欄)だと思っていたのですが、最近はバーチカル式(縦型)がジワジワト増えてきていますね。

手帳はバーチカルタイプが好きな私としては、手帳コーナーでいろいろなバーチカル式手帳がチェックできるのが楽しみの一つです。

新しい手帳にするときは「自分のライフスタイルに合っているか?」「自分にとって使いやすいかどうか?」と心配になりますよね。

初めてバーチカル式手帳に挑戦しようと思っているのならば、100円ショップSeria(セリア)がおすすめです。

スポンサーリンク

2018年のバーチカル式の手帳2種

セリアにはバーチカル式手帳が何種類かありますが、B6とA5サイズが中心です。今年は2冊を買ってきました。

2018年バーチカル手帳2冊

どちらもサンノート株式会社のもので、B6とA5の両方のサイズから選べます。

手帳メーカー名

この2冊の中身を紹介していきます。

上下2段組の幅広バーチカルタイプ

左側のA5サイズの方(緑色の表紙)から紹介していきます。まずは簡単な記入例のページがあって、2018年と2019年のカレンダーが続きます。

そしてマンスリー(月間スケジュール)は2018年1月~2019年1月までの13か月間で、月曜始まり。

A5マンスリー

1カ月6週に対応しているので、最終週で日付が重なることはありません。真ん中にドット線があるので、「午前と午後」「仕事とプライベート」など分けて記入できます。

左側に日付が縦に並んでいます。この部分の使い方は奥が深いと思っていて、私の場合は、毎日やりたいと思っていることができたかどうかをチェックしたりと、ガントチャート的に活用することが多いです。

メインのウィークリー(週間スケジュール)はちょっと個性的。バーチカル(縦型)なのですが、上下2段組になっているのです。

2段組幅広バーチカル

横幅が広く取れるので、予定と実際の行動を並べて書いたりしてもいいかも。

記入例

時間軸は8時から24時まで。1時間の縦幅が4mmほどしかないので、ちょっと狭いかも。

左上にカレンダーが2か月分ありますが、個人的にはここはただのメモ欄がよかったです。

2018年1月1日(月)から2019年1月6日(日)までと前後に余裕がない2018年だけの週間スケージュールになっています。

スポンサーリンク

オーソドックスなバーチカルタイプ

右側のB6サイズの方(水玉表紙)は一般的なバーチカル式手帳です。簡単な記入例のページがあって、2018年と2019年のカレンダーが続きます。

マンスリー(月間スケジュール)は2018年1月~2019年1月までの13か月間で、月曜始まり。

B6マンスリー

こちらも6週に対応しているので、最終週で日付が重なることはありません。左側はTODOリストになっていて、メモスペースがあるのは便利だと思います。

ウィークリー(週間スケジュール)は土日も均等です。左側にTODOリストがあります。

バーチカル式

時間軸は6時から24時まで。1時間の幅は5mmです。下にメモスペースもあるのでジブン手帳と同じような使い方ができそう。

参考 2018年ジブン手帳BIZを購入しました!詳しい内容紹介と使い方を妄想中

私がよく使う小さな付箋を貼ってみました。

使用例

青色はポストイット。オレンジ色は無印良品です。ポストイットのほうがサイズがちょうどいいですね。

付箋についてはこちらの詳しくまとめています。

参考 使いやすい付箋(フセン)の大きさは?小さすぎて失敗【あな吉手帳術】

歴代セリア手帳の紹介

セリアのA5サイズ手帳がお気に入りでよく買っていました。

歴代セリア手帳

左と真ん中はレフト式なのですが、最近はセリアでレフト式は見かけていません。右側の2013年分はバーチカル式の手帳です。

マンスリーはなし、見開き1週間のバーチカル式のみ。

2013年バーチカル手帳

土日が狭いタイプで、時間軸は9時から20時まで。1時間の幅は1㎝とたっぷりあります。

その当時、興味を持っていた投資(株やFX)のことを記入しようと思って買ったのですが、大雑把な感じのするデザインに馴染めなかったうえ、投資の勉強も続けられず、ほとんど使わないままお蔵入りとなってしまいました。

セリアの手帳は分解してあな吉流手帳に使っていたこともあります。

あな吉手帳

参考 あな吉さんの手帳術の準備【購入品】~バインダー・レフィル・穴開けパンチ~

専用レフィルを買うと1500円くらいしますし、100円の手帳なら躊躇なく分解することができます(笑)。

まとめ

2018年用のバーチカル式手帳は夫のために買ってきたものです。このバーチカル手帳を見せたところ、2冊とも反応がよくありませんでした(苦笑)。どうもバーチカルタイプに抵抗があるようです。

夫はいつもレフト式を使っています。ぎっちりと書くわけではなく、軽くメモをする程度の使い方なので、レフト式でもバーチカル式でもどちらでもよさそうなのに。

というわけで、このバーチカル式手帳は子供たちのお絵描き帳になってしまいそうな気配です。夫にもバーチカル式手帳の良さを知ってもらいたかったのに残念。

新しいタイプの手帳を使う時には、使いこなせるかどうか不安なものです。100円ショップの手帳なら気軽に挑戦できますし、もし挫折してもダメージが小さいです。

特にセリア(Seria)はバーチカル式手帳が充実しているのでおすすめします!

私のバーチカル式手帳の使い方についてこちらの記事で紹介しています。

参考 見開き1週間バーチカル手帳の記入例と使ってみた感想~子育て主婦のライフログ~

2018年用にセリアで購入した手帳についてはこちらで紹介しています。

2018年セリア手帳5冊

参考 100均Seria(セリア)の実用的なスケジュール帳5冊を紹介【2018年10月始まり手帳】

スポンサーリンク