2017/04/10

ママ友と持ち寄りランチ会●おすすめ料理は手作りピザ

150208-1

子供を通じて仲良くなったママ友とランチ会をすることがあります。子供連れで3~4家族。10~15人の大人数です。

目的は子供たちが遊ぶことと、ママがおしゃべりを楽しむこと。持っていく料理を作ったら「ぐったり疲れた!」というのはNGです。私はいつも手作りピザを持って行くことにしています。

スポンサーリンク

ピザ生地はホームベーカリー。トッピングの具はシンプルに

生地はホームベーカリーのピザ生地コースで作ります。小麦粉はスーパーで買ったカメリア、バターではなくてマーガリン。スキムミルクは使わずに水の半量を牛乳にして作ります。

ピザ生地は発酵時間が少ないので、ホームベーカリーで45分ほどで捏ね上がります。

トッピングの具も冷蔵庫に常備してあるものばかり。ホームベーカリーで強力粉300g分の生地を作って2種類のピザにしました。

1枚目はケチャップ味。ケチャップに焼肉のたれを混ぜてピザソースにしました。甘いので子供たちの好きな味です。

150208-2

具はスライスした玉ねぎ。ウィンナー、コーンです。チーズをたっぷり乗せて。

2枚目はマヨネーズ味。わが家ではマヨコーンピザと呼ばれ、一番人気!

150208-3

生地にはマーガリンを塗り、その上に、コーンとベーコンを。マヨネーズをかけてからチーズを乗せて。

オーブンは220~230度で15分ほど焼きました。

スポンサーリンク

ランチ会当日のタイムスケージュールと片付けを楽にするひと手間

ランチ会は夫が仕事で不在の土曜日や祝日にやることが多いです(集まるメンバーもパパが仕事でいない方ばかり)。いつもどおりに朝食を作って夫を送り出すのが朝8時。そこからホームベーカリーに材料をセットします。

ホームベーカリーが生地を作っている間に、朝食の片付けと洗濯をします。生地ができたら10分ほど休ませて、その間にトッピングの具の準備。生地を伸ばして、具をのせて、オーブンの天板にのせておきます。

一番のコツは、上の子2人に見つからないようにササッとやることです。DVDを見せておいてその間に準備します。子供たちにとってピザ作りは楽しいもの。生地を伸ばしたり具を載せたり、自宅用のときはお手伝いをしてもらいます。

でも、ママ友ランチ会のときは衛生面が心配だし、見栄えは悪くなるし、時間が倍以上かかってしまうのでお手伝いは禁止(苦笑)。

ここまで準備しておいて、後は焼くだけにしておきます。夏は冷蔵庫に入れておきますが、冬は室温に置いたままでも大丈夫です。

焼く時間は15分。余熱の時間も考えて、持っていく時間に合わせて時間調整をします。部屋に掃除機をかけたり、できるだけ家事を進めます。ランチ会の集合時間は10時半から11時のことが多いです。

時間に余裕があるようにみえますが、実は結構忙しいです。子供が3人ですから、途中途中で何度も作業が中断します。上2人はすぐにけんかをするし、部屋は片つけてもすぐに散らかるし。

洗濯物は2回やることも多いので、実はフル回転です。でも、ピザなら他の料理と違って待ち時間が多いのね。ずっとキッチンに立ちっぱなしということはありません。

ママ友のランチ会では片付けのしやすさも重視します。私がピザを持っていったのは、使い捨てのお皿です。

150208-1

実は手作りしました(*^o^*)

アマゾンで本を買ったときに入っていたA4サイズぐらいのダンボール板。コレにアルミホイルを巻きつけて、裏側でテープで止めただけ。

100円ショップでも使い捨ての容器はいろいろありますが、ピザサイズは少ない。オードブル用の大きな銀色のものしか見かけないし、かわいくないの。そこで、家にあるものを再利用することにしました。ふちにマスキングテープを貼ったりしたらかわいいと思います。

ピザは子供たちが食べやすいように小さめにカットをして、ふんわりとアルミホイルをかけて、お友達の家に向かいま~す。車で移動するので、適当な包装でも大丈夫なのです。

私のピザは子供たちには大好評。手でサッと食べられるし、ボリュームがあるから持ち寄りパーティーにはピッタリです。

ランチ会は主に長男を通して仲良くなったママ友とやります。うちはまだ1歳の3人目がいますから、無理をせずに参加するのは2~3回に1回くらいにしています。料理が大変だと参加するのも面倒になってしまうので、ピザのような楽な料理を覚えておくと便利です。

ママ友の中にはスーパーでお買い物してくる方もいます。それくらい気をつかわずに楽しく集まるのがいいですよね。わが家の場合は、子供3人連れてスーパーに行くよりも、ピザを手作りしたほうがラクチンです。

スポンサーリンク