東いづみ著「子供とペットとスッキリ暮らす掃除術」を読んだ感想

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子供が小さいと家の中が散らかって掃除が大変ですね。

そんな「大変だ」と感じてしまう掃除を、「掃除をしたい」と思わせてくれる本に出会いました。

人気ブロガー東いづみサンの「子供とペットとスッキリくらす掃除術~東さんちのアイデア50全部見せ~」です。

スポンサーサイト

幼い子供3人と猫4匹!それでもスッキリ暮らせるコツとは?

この本を読んでビックリ。子供3人は年子の上、双子ちゃんなんです。

わが家も子供3人ですが3学年差なので、まだ「ふぅ・・・」と一息ついてもう1人を育てるといった感じ。年子で双子なんてもう想像を絶する子育てです。

3人子育てしているからこそ、大変さが想像できます(苦笑)。

さらに猫ちゃんが4匹いたら毛だらけになりますよね。実家で猫1匹飼っています。私も独身時代は実家で猫と一緒に暮らしていましたが、子供を連れて実家に帰るとペットと同居は衛生的に難しいなと感じます。

そんな東さんの本ですから説得力があります。言い訳できない感じです。

特に素敵だなぁと思ったところは「掃除をラクにする考え方」です。

1.汚れとの戦いではない
2.悩む時間で終わる
3.汚れが汚れを落としていく

お掃除を楽しんでいて、前向きな姿勢に感心します!


スポンサーサイト


私に足りなかったのは拭き掃除でした!わが家がスッキリしない理由は?

結婚するまで私は普通にキレイ好きだと思っていました。床が足の踏み場もないとかゴミが散乱しているということはなし。

むしろインテリアに興味があったので、クッションを手作りしたり、DIYで棚を作ったりと、気を遣っているつもりだったのです。

でも、結婚してから「私はキレイ好きではない」とはっきりと自覚しました。むしろズボラな方かもしれません。

夫の母親(義母)がビックリするようなキレイ好きで、もうそれはそれはカルチャーショックでした。掃除の仕方が根本的に違うのです。

そんなキレイ好きな母親に育てられたパパさんは、私の掃除にだめ出しばかり。よくあるパターンで口は出すけど手は出しません(苦笑)。

家のほこり(埃)をチェックされて、私はお掃除に劣等感を感じてしまうようになりました。

この本を読んで確信したのですが、私に足りないのは「拭き掃除」です。拭き掃除をしないから家がスッキリしないのです。

よく考えたら実家の母は床にあるものをテーブルにおいて掃除機をかけるだけの掃除でした。私も同じ(笑)。床しか掃除していなかったの。

掃除の基本は上から下へですよね。昔ならはたきをパタパタすることから開始していたイメージです。

この本には細かい掃除の方法が紹介されていて、活躍しているのは掃除用クロスです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

両手にマイクロファイバーのお掃除クロスを持ってどこもかしこも拭き掃除!なんと6種類のお掃除クロスを使い分けしています。

私も拭き掃除やるぞ~と思ったのですが、急には難しいですね。少しずつ取り入れます(苦笑)。

紹介されているお掃除方法も参考になりますが、幼い子供3人と猫4匹いる東さんがスッキリくらしているのだから、私だってスッキリ暮らせるはず!と思わせてくれる素敵な本でした。

● 楽天ブックスはこちら。

● アマゾンはこちら。

>>子供とペットとスッキリ暮らす 掃除術 東(ひがし)さんちのアイデア50全部見せ

スポンサーサイト